お金借りる なら、消費者金融?銀行カードローン?

お金を借入したいという時に、知識がない人は、銀行カードローンで借りたらいいのか、消費者金融から借りたらいいのか悩んでしまうでしょう。実際には、金利の話で考えると銀行カードローンの方が断然安くなります。銀行カードローンの方が金利が確実に低いのです。しかし、金利が低いという事は、お金を貸すリスクが高いという事になりますので、審査が厳しくなってしまうという点がデメリットとなってしまう人もいるでしょう。銀行側も確実に返済をすることが出来る人にしか貸してはくれませんので、現在もどこからかお金を借入しているという人や、過去にローンを滞納してしまったことがあるという人などは、審査が通らないという事も十分に考えられるのです。その為、審査が通る確率が高い消費者金融を選ぶという人も少なくはありません。その為、自分の借入状況やこれまでの履歴などを踏まえたうえで、借入をするところを選んでみると、いいのではないでしょうか。銀行カードローンは審査にも時間がかかりますので、すぐに借入をしたいという人は消費者金融の方がいいのかもしれませんね。まずは自分の借りたいタイミングを選んで検討してみるのもいいでしょう。

 

消費者金融と銀行カードローンの違いとは?

お金を借りる所としては消費者金融と銀行系があります。事細かく言えば更に信販系もありますね。これらの異なる点はいったい何でしょうか?それは変更された貸金業法の取り決める総量規制のターゲットとなるかどうかです!2010年に施行された改正貸金業法では消費者金融による超過貸し付けが弁済能力をオーバーして多重債務をつくり出し、それによって自己破産等の経済的な窮地に陥る方を増加させた後悔から、所得に応じて貸出できる可能な金額の上限を決定して総量規制として業界全体で過多の貸し出しをなくそうとしたものです。この結果により消費者金融は年収の1/3までしか貸付できなくなり、他の業者に債務がある人には他の業者分も合算して貸付枠を管理することを強いられました。それとは逆に銀行は総量規制の適応外とされ、実際には同程度の内容のカードローンを貸し出してるにもかかわらず、総量規制の適用を受けずに銀行自らの解釈で年収の1/3以上の貸与も可能とされました。以上の様に消費者金融と銀行系カードローンは金融商品としては同じ程度ものですが、消費者金融は制約により年収の1/3以上貸し出しできないけど、しかし銀行はそれが出来るとなっています。結果として条件的にハンディを負った消費者金融は審査が甘く通りやすくなって来ています!でもサービス内容としてはとしてはほぼ同じと考えて良いでしょうね!しかし、金利の面では銀行のカードローンの方がかなり低く設定されているので、低金利で融資を受けたいか方には銀行カードローンをおすすめします!

 

銀行カードローンと金融公庫の違いは?

銀行カードローンと金融公庫の違いを検証してみましょう。少しでも低金利でお金を借りたいと考える人にぴったりなのが、国民生活金融公庫なのではないでしょうか。こちらは、幅広い業種の小企業へ融資をしてくれるという業務内容になっておりますので、これから事業を始めたいという人にとっては、とても頼りになる存在となっているのです。もちろん、既存の事業者も対象となりますし、使い道に応じて数百万円から数千万円までの融資に対応しているのです。個人向け事業者へ100万円以下の小口も可能となっているのです。個人でも利用できる100%国の出資の金融機関となっているのです。それとくらべて銀行カードローンは、銀行からお金を借入するのですが、消費者金融と比べると金利は安くて安心して利用することが出来るのです。銀行の審査はありますが、保証人が不要なものも少なくはありませんし、銀行という安心感も大きくて銀行から預金をおろすようにお金を借りる人も少なくはないのです。このように気軽に利用することが出来るという事もあり、キャッシングという間隔ではなく、日常茶飯事で利用しているという人も、少なくはないのが銀行カードローンではないでしょうか。